【ダチョウの雑学】眼にステータス全振りしちゃったやつ

誰かに言いたいダチョウ雑学

 

ダチョウは飛べない鳥。

そして鳥類の中では地球上で最大です。

それは皆さん知っていますね。

 

しかし、日本では高級革の「オーストリッチ」くらいしか馴染みがないかもしれません。

そんなダチョウのことを知ってみましょう。

 

ダチョウの生態と豆知識

鳥なんですけど、体長は2m近くになり、体重も100kg以上になります。

大体の人類よりもデカいですね。

よく巨大な卵がニワトリの卵と比較されますが、本体の方もなかなか興味深いんですよ。

 

最高の眼を持つダチョウだが実はアホ?

ダチョウは陸上生物の中では最大の眼を持っています。

その大きさは、直径約5cm、重さ60gほどになります。

その大きさのためか、一説では5km以上先も見ることが出来ると言われています。

※人間の場合は、直径約2.5cm、重さ7g程度

大きさも性能も一級品の眼を持っているんです。

 

ただ、悲しいことにダチョウはアホだという噂があります。

その原因は脳の大きさ(重さ)です。

 

よく身体の大きさと脳の大きさの比率が、賢さの基準としてあげられますよね。

私はあまり信じてないのですが、非常に記憶力が乏しいらしいのです。

ダチョウの脳の重さは実に約40gほど。

さっき片方の眼が60gと書きましたが、一個の眼より軽いんです。

 

これだけ軽ければそう思われても仕方がないのかもしれません…

最高の眼を持つアホ
最高の眼を持つアホ

 

ダチョウは走る!飛べないからね

彼らは巨大すぎて飛べない(というか羽も飛べる構造にはなっていないそうですが)ので地上を疾走します。

あのフォルムからも想像できるように、かなりのスピードで走ることが可能です。

 

最高速はなんと70km/h

馬とタメを張れるくらいのスピードなんです。

 

しかも持久力もあるので、その気になれば50km/h程度のスピードで1時間以上走り続けることが出来るという。恐るべき運動性能を持っています。

 

ちなみにダチョウの足に指は2本しかありません。

爪は大きなのが1つ付いています。これは凶悪な武器にもなります。

70km/hで疾走する筋力でその爪を刺されたらどうなるか?想像は容易いですね。

 

70km/h以上で疾走可能
70km/h以上で疾走可能

 

ダチョウは鳴かない(声帯がない)

ダチョウの鳴き声を聞いたことのある人はどれくらいいますかね?

多分いないと思います。

 

それもそのはず、実はダチョウには声帯がないんです。

 

鳴き声ではなく、のどを鳴らすことはあるそうです。

「ボフゥ、ボフゥー」や「ウォゥ、ウォゥー」のように音を出すと言います。

しかもこれは主に求愛の時にやるらしく、オスのみ。メスはやらないそうです。

 

見た目に反して、とても静かな鳥なんだそうです。

声帯無いから鳴けない
声帯無いから鳴けない

 

フィットネスにピッタリ「ダチョウの肉」のスペックがヤバい!

日本ではあまりお目にかかることはないですが、ダチョウの肉もおいしいらしいです。

しかも、栄養素的にはとても理想的な値。

 

まず、下の表を見ていただきましょう。

フィットネス等でボディケアに気を使っている人にはおなじみの「ニワトリのムネ肉」との比較であります。

トリムネに匹敵するほどの低カロリー&高たんぱくなのであります。

しかも、すべて赤身で牛肉のような印象だという。

 

値段は少しお高いですが、牛ヒレを食べるくらいの気合があれば、ダチョウに挑戦してもいいと思います。

赤身でジューシー
赤身でジューシー

とりあえず、私は注文しました。

 

とりあえずダチョウは眼にスペックを全振りした

とがった性能をお持ちのダチョウ。

眼にスペック全振りした清々しさは、ご尊顔にも表れていますよね。

 

個人的にはお肉のほうに興味が出てしまってスイマセン。

 

あの大きさですから、実は乗ることも可能なのです。

スクーターの代わりに飼育してみてもいいかもしれません。

 

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です