【怒り】中小企業から大手企業に転職して年収が300万上がった 2

 

「怒り」を感じ、「これ以上勤めている必要性」を感じなくなったので、実際に転職活動を開始しました。

 

転職活動について

転職するために使用したのは転職サイトとハローワーク。

 

はっきり言ってハローワークには私の希望する求人は少なく、新しい工場が建つ噂をこちらから相談して紹介してもらったりと、いい印象はないです。

というか、そもそも私は転職するなら場所はどこでもよかったので、地域密着的なハロワに行く必要はなかったかなと思います。

 

転職サイトはいくつか登録しましたが、結果につながったのはdodaです。

一応、担当のエージェントがついてくれるので、相談に乗ったり、希望の求人を紹介してくれるんですが、ニュアンスが伝わらなくて希望通りの求人は少なかったと思います。

私のスペック不足が原因で紹介できない求人が多かった説は否定しません。

 

でも、サイトに登録してある求人は自分で検索出来るので、そこから探して興味があるところには書類選考の申し込みをするので問題はありません。

 

転職サイトのメリット

どこにでも書いてあることですが、転職サイトのメリットは2つあります。

  • 企業側からオファーがある
  • 他に掲載されていない求人がある

 

一番感動したのは、企業側からオファーをくれる場合があるということ。

オファーということは、向こうが興味を持ってくれてるわけなので、いきなり最終面接という場合もありました。

私の場合、残念ながらオファーをくれた企業へ面接には行ったものの、結局、待遇面で折り合いがつかなくて流れてしまいました。

 

なぜ転職サイトが非公開の求人情報を持っているのか?というのは、サイト側がある程度企業の希望に合った人材を絞ってくれるから「企業側の選考の手間が省ける」というメリットがあるので、情報を提供しているんだと思います。

そういう求人は非公開なので、明らかにスペックが足りなければ紹介してくれません。

 

ということで、転職するのであればサイトへの登録は必須。

登録してあれば“棚ぼた”的にいい求人が舞い込んでく来る可能性もありますからね。

 

希望条件の変更

転職するからには現状よりもいい条件を求めたいわけです。

 

最初は同じような仕事内容で探していましたが、会社の大きさや給料の額を求めると現状と同じような仕事は出来ないことに気付きました。

会社の規模が大きくなればなるほど仕事は分担化されて、手がける仕事の幅は小さく、より深く専門的になっていく印象です。

一貫したモノづくり工程を担当出来る求人は中々見つからないんです。

それに試作なんかは下請けがすることが多く、給料や待遇面を考えるとあまりいい条件ではないと感じることが多かったです。

 

ということで、希望の条件を変更しました。

人間関係は口コミを参照する

 

現状の仕事はかなり面白いが、それ以外はあまり…

本当は「仕事も面白く給料もそこそこ」が良かったが、マッチする案件は少ない。

変更後は仕事内容は興味があれば特にこだわらないことにした。

そうすると、給料はもう少し上を目指せるようになった。

 

変更後は基本的に給料をメインに求人を選んでいましたが、たまにベンチャー企業や風車のメンテナンス、輸送船の乗組員など面白そうであれば面接に行きました。

 

転職活動の鉄則

鉄則というか、私が転職する際に気を付けたことです。

 

むやみに話さない。

私は転職活動の基本だと思っているんですが、転職を考えていることや実際に面接に行っていることは本当に信頼できる人以外に話してはダメです。

理由は分かると思いますが、もしうまくいかなかった場合に会社での立場が危うくなります。

経営者は自分の会社を辞めようとする人間にはあっさりするほど冷酷になります。

応援してくれるような懐の深い人もいるかもしれませんが、期待しない方がいいでしょうね。

 

仕事を続けながら活動をする。

転職は上手く行けばとんとん拍子に進む場合もありますが、長期戦に持ち込む場合も大いにあります。

だから仕事を辞めないで、どうにか時間を作って転職活動するのが基本です。

 

面接は有休を使って平日に飛び回っていましたが、普段そんなに有休を使うことが無かったので怪しまれていたのは確かです。

本当は普段から有休を使うようにした方がいいんですが、そうすると有休が残っていない可能性もありますから難しいかもしれません。

 

有休なんて使えないというブラック企業の場合は、それ以前の問題なので労基とかに相談した方がいいかもしれません。

有休の理由をしつこく聞いてくるのも論外です。

 

ちなみに労基は「給料未払い」のような重大な違反に関すること、確実に証拠があることでないと真面目に相手にしてくれない印象なので、どうにかして証拠を集めましょう。

 

面接に向けて姑息な手段

自分なりに考えて、面接の際にプラスになりそうなことをしました。

参考にならないものもありますが、自己責任で実施するのもオススメです。

 

オーダースーツを作った。

工場勤務だったため、たいしたスーツを持っていなかったので作りました。

服装は印象を左右するほど重要なので、自分の体型に合ったオーダースーツの方がいいです。

今はオーダーできるところが増えているので探してみてください。

私は麻布テーラーで6万円でした。

 

濃いグレーのストライプで3ピースです。

本当はもっと安いのをと思っていましたが、生地を選んでいたらそうなっていました。

 

あまり派手なのを作る人はいないと思いますが、仕事で使えるようなものなら何でもいいと思います。

ただし、自分でかっこいいと思えるものを作らないとダメです。

気に入ったものを着ていると背筋が伸びますし、自信につながり印象が良くなります。

それに転職が成功すれば一瞬で元が取れますから。

 

日サロで日焼けをした。

私は色白なので、日サロに行って少し日焼けをしました。

白いより少し浅黒いくらいの方が活発で健康的な印象を与えるからです。

夏は比較的日焼けをしているので黒いこともありますが、冬だったので結構白かったんですよね。

甘いフェイスをお持ちの方であれば、そのままでもいいかもしれませんがね。

髭剃りの後も目立たなくなるのでお勧めです。

 

パーマをかけた。

髪型も少し悩みました。

元は直毛、しかも若干M字が進行気味だったので。

通常時は坊主の状態が多かったんですが、それだと印象が良くなさそうだったので、髪を伸ばして天パ風パーマをかけてツーブロックにしました。

面接時にはワックスで「こなれ感」を演出し、「仕事が出来そう」な雰囲気を醸し出すよう努めました。

入社した数か月後にまた坊主にしました。

そして最終的にスキンヘッドになりました。

 

写真は心で笑った。

写真はプロに撮ってもらうのがベストですが、納得できる表情じゃなくても流れでOKしてしまいそうなので、スピード写真で撮りました。

しかし、本番を撮る前に自分の家でデジカメで何枚も撮って確認することをお勧めします。

  • 睨まない
  • あからさまに笑わない
  • でも口角を上げる
  • 自信を持つ

 

イメージ的には好きな人を見つめる感じがいいと思います。

 

動物は興味があるものを見ると瞳孔が開くと言います。

そして、その目を見ると直感的に好印象に感じるらしいです。

 

試しに実家の猫を例にしましょう。

イエネコでもこの通り。

右の方がかわいらしいですよね。

親近感がわきます。

 

つづく。

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です