猫が好き

私は猫が好きでしてね。

おそらく幼い頃から猫を飼っていたのが原因だと思うんです。

 

なぜ私が猫をすきなのか?

猫に対して思うところを掘り下げていこうと思います。

 

ちなみに私が好きだと言っているのは仔猫ではなく成長した猫のことです。

 

ドーン

 

別に仔猫が嫌いなわけではないですよ。

小さくてかわいいとは思いますけどね、でもそれは「子供としてかわいい」だけなんですよね。

いわゆる「純真無垢な象徴」としてのかわいさしか感じないんですよ。

彼らはまだ猫としては未熟すぎて、本来の魅力はまだ備わっていない感じですかね。

犬だってイノシシだって子供はなんだってかわいいですから。

 

で、本題に入ります。

 

猫はまず美しい

猫というかネコ科すべてに当てはまるかもしれませんが、しなやかで力強いフォルムをしていますよね。

ああいう形が好きなんです。

 

例えば寝起きの伸びのポーズがあるんですが分かりますかね?ヨガの定番ポーズにもなっているあのポーズ。

 

これは正に曲線美でしょう。

 

そして、運動能力に特化するように発達した筋肉。

そこら辺の猫でも本気を出すと50km/hくらいで走ることが可能だと言われています。

 

鍛え上げられた身体や均整のとれた身体っていうのは非常に魅力的で美しく感じるものです。

 

人間でもそうですけど、例えばアスリートの身体はそれぞれのスポーツに特化した体になってますよね。

無駄なものが削ぎ落とされて美しいですよ。

敬遠されがちですがボディビルダーもそう感じます。

自分も出来ればそうでありたいと思いますしね。

 

猫は佇まいもいい感じ

彼らが座っているところを見てほしいんですが、立ち止まって前足をそろえて、スッと腰を下ろします。

そうしたらしっぽをくるりと身体に巻いて完成です。

 

ちょっと揃ってないぞ

 

歩く時も足の運びはほぼ直線上になり、澄まして歩きます。

モデルがランウェイを歩いているよう感じですね。

 

人間というものは美しさを求めている生物だと思うんですよ。

大昔から彫刻や絵画などでも表現されている通りなんですけど。

そして、私の美しさを感じる感性にジャストフィットするのが猫だということなんだと思います。

 

ひどいギャップがあります

いわゆるツンデレってやつですかね。

猫それぞれの性格の違いはありますが、基本そっけない態度のことが多いですよね。

それでいて澄ましているもんだから、クッソ偉そうに見えるんですよ。

まるで自分は孤高の存在であるかのような、そんな素振りですよ。

 

導線に座るな

 

私の周りにも猫が苦手な人は結構いますけど、大体怖いとか憎たらしいとかそんなイメージを持っているみたいです。

 

だからかわいくないと。

 

猫を好きな私からしてもそうなんだから、慣れていない人にとってはそうなんだろうなぁと思いますよ。

 

でも家で飼っている人とか、今までに人懐っこい猫に出会えた人は多分印象が違うと思います。

呼んでもしっぽでしか反応しないくせに、煮干しでもちらつかせれば文字通り猫なで声で寄ってきます。

よく分からないけど急にすり寄ってきたり、邪魔してきたり、夜寝ていると布団に乗ってきたり。

ベタベタしてくるんです

 

さらに謎なのはトイレ行った後に猛ダッシュしてはしゃいでいる事とかありますからね。

 

本当によく分からないですよ。

 

でもまぁ、うざったいときもあるけど、やっぱりかわいいやつですよ。

 

猫の体臭はあまり感じない。

飼ってる人は知ってると思うんですけど、猫は臭くないんですよ。

体臭があまりないと言うか、むしろいい匂いがするんですよね。

 

私は実際に「猫は臭いから嫌い」っていう人に会ったことがありますが、その人の話はこうでした。

  1. 幼い頃に近所にたくさん猫を飼っている家があった。
  2. その家の近くは臭かった。
  3. 近所の人達はネコの被害に遭っていた。
  4. それ以来、猫は臭いから嫌いになった。

 

確かに小さい頃にそういったマイナスのイメージがついてしまうと、なかなか猫を好きになるのは難しいと思います。

ただ本来は猫はあまり匂いしないものですから、その人にも説明しました。

信じてくれたかどうかは分からないですけど。

 

よく言われているのは、猫は単独待ち伏せ型の狩りをする動物だから体臭があると不都合だという説。

匂いもそうだし爪を隠すことができるということも関係してます。

いかに近くまで獲物に気づかれないで近づくかということがカギになるので、匂いがあったり物音を立てると獲物にバレて逃げられてしまうというわけです。

この説は非常に納得できます。

 

逆に犬なんかは群れで暮らしていて、狩りをする時もグループで連携して追い込みをする習性があるから、別に匂いがあろうがかまわないってことらしいです。

 

丁度いい距離感

あとは犬との比較になってしまうんですけど、距離感っていうのがあるんですよね。

 

むかし実家で犬を飼っていたことありますが、心底自分を信じてくれているというか、服従するというか。

自分を慕ってくれているのはすごくうれしいんですが、こっちは人間だから色々汚いこととかも考えているわけじゃないですか。

それなのにすべて信じて疑わないあの感じ。

 

100で来る犬に100で返せない自分がいるんですよ。

 

それが少し心苦しい感じがするんですね。

 

自分が未熟なだけかもしれないですが…

 

その点、猫は自分の都合のいい時しか近寄って来ないですから。

勝手に生きていて、こっちも勝手に触りに行く。

みたいな。

そんな感じが一番心地いいかなと。

 

ちなみに猫が好きって英語にすると

「 I like cat」

って思っていたんですが実は違うらしいです。

正しくは

「I like cats」

こう言わないとネイティブの人たちには「 私は猫の肉が好きです。」って意味に聞こえるらしいですよ。

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP