介護脱毛とVIO脱毛 ハイジニーナはジャパニーズスタンダードになるか?

 

今回は介護脱毛についてです。

 

私もVIO脱毛のことを本格的に調べるまで知らなかったんですが、今やアンダーヘアの脱毛は意識の高い若者やセレブだけの問題ではないんです。

この事実は、実際に私が脱毛を決めた理由の1つでもあるので、ちょっと書いていきます。

 

実際のVIO脱毛の体験はこちらをご覧ください。

 

※以下、直接的な表現がありますので注意をして下さい。

 

介護脱毛とは何か

介護脱毛という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

内容的には「VIO脱毛」と言われているものと同じです。

 

「介護脱毛」という言葉自体は「リゼクリニック」が2017年に命名し、それが一般に浸透したようです。

脱毛する部位としてはアンダーヘア全域。

自分が介護される側になったときのために脱毛をしておくことをいいます。

 

VIO全てツルツルにするのは別名「ハイジニーナ脱毛」とも呼ばれてます。

セレブやモデルなどを筆頭に若者の間でもオシャレやエチケットのような位置づけにもなっているので知っている方がほとんどだと思います。

脱毛先進国のブラジルだとハイジニーナは一般的ですが、通常はワックスなどを使って脱毛しますよね。

 

介護脱毛の異なる点は介護時を目的にしているため、レーザーなどによる「永久脱毛」が望ましいのです。

 

ちなみにハイジニーナの語の由来は「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」から来ています。

その名が示すように衛生を保つためには非常に有効な手段になります。

モデルとかセレブとか…

 

なぜ介護脱毛が必要なのか

なぜアンダーヘアの脱毛が必要なのか?

それは皆さんの想像している通りです。

 

介護における最大のネックは「排泄ケア」

 

ただでさえ下の世話は大変なのに、そこに毛があるというのはデメリットしかありません。

そんな毛ごときで大げさだと思われるかもしれませんが、この問題は介護する側だけでなく、実はされる側にも多大な精神的・肉体的ストレスを与えることになります。

それでは、どんな問題があるでしょうか。

 

拭き取りが大変

介護が必要なお年寄りは食事も軟らかいものがほとんどになります。

そのため、便も軟らかいので色々な場所に付着しやすく、おむつの中でも広がりやすいです。

 

介護する人たちはそれを拭き取らないといけないわけですが、すぐにケアできればいいですが時間がたっていたら最悪です。

拭き残しなどがあると雑菌はすぐに繁殖し、それが元で肌荒れや感染症などを引き起こす可能性があがります。

免疫力の低下したお年寄りには軽視できない問題となります。

 

恥ずかしい、プライドが傷つく

処理に時間がかかるということはそれだけ長い時間作業しますし、その間ずっと耐えなくてはいけません。

処理していないアンダーヘアを見られ、触られるのを嫌がる人は意外に多いのです。

 

その恥ずかしさやプライドが邪魔をして介護の拒否をする方も多く、介護する側にとって非常に大きな負担になっている現状があります。

双方にメリットがない

 

 

介護脱毛は早めにしておいた方がいいかも

介護だけを目的とした脱毛の場合は、介護を受けるまでにすればいいわけなので別に急ぐ必要はないです。

ただ、若いうちに脱毛をした方がいい理由もちゃんとあります。

それは…

 

永久脱毛には時間がかかる

ブラジリアンワックスなどは一時的なものなので、ベリッとやって終わりですが、またすぐに生えてきます。

レーザーで永久脱毛をするには、成長期の毛に何度もレーザーを当てて徐々に弱らせていくので、元々毛が薄い人でも最低1年以上はかかると思っていいです。

きれいになったと思っても、気づいたら生えだしてきたという人もいます。

アンダーヘアっていうのは意外としぶといんですよね。

 

メラ二ン色素がない白髪には効果がない

レーザー脱毛というのは、レーザー光と黒い毛根を反応させて毛根にダメージを与える仕組みです。

 

子供の頃に虫メガネで紙を焦がした記憶があると思いますが、紙をマジックで黒く塗りましたよね?

ああいうことなんです。

だから、日焼けをしていたり、色素沈着しているような肌はやけどの恐れがあるので施術できないわけですね。

 

逆に考えれば、毛根が黒くないとレーザーの効果は得られないというわけです。

なので、白髪の場合もレーザーは効果がありません。

 

白髪になってしまったら他の方法で脱毛しないといけなくなるってことです。

もう遅いかのぅ…

 

カミソリで剃るのはアリ?

っていうか別にカミソリで剃ればいいじゃんと思いますよね? 

 

レーザー脱毛の前には照射範囲の毛は剃っておく必要があるので、実際に私はVIOの剃毛をしています。

 

ですが、これがなかなか難しい。

 

竿の根本とかマタンキー袋とかは特に剃りにくいし、何よりデリケートなんですよ。

そもそも剃るという行為は思っている以上に肌を痛めます。

 

カミソリ負けで色素沈着が起こり、ポツポツ黒ずみになってしまうことも多々あります。

それが嫌でレーザー脱毛する人も多いらしいですから。

 

若者ならまだしも、特にお年寄りの肌は傷つきやすいですから、あまりおすすめはできませんね。

 

 

つらつらと御託を並べましたが、VIO脱毛を後押しする一つの理由として頭の片隅に置いておくのも良いと思います。

たまに「必要だから陰毛は生えているんだ」とか言っている「脱毛反対派」の人もいますが、私に言わせれば必要ない「ムダ毛」ですから処理したいんです。

脱毛するしないは個人の自由ですが、その理由には納得できません。

もし本当に必要と思うなら、髪の毛、鼻毛、眉毛、腋毛、乳毛、耳毛、すね毛、全て生やしてから言って下さいって思います。

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP