BMW1シリーズのドアミラー交換【E87 130i】

 

BMW130iのドアミラー交換をしました。

 

残念ながら、9万キロに近づいてきた愛車のドアミラーが格納できなくなったからです。

最近の車に乗っている方は体験したことがないかもしれませんが、中古のBMWではよくあることのようです。

 

ご存知の通り、外車の部品は高いのでいつものように中古品で直します。

これまたいつものようにヤフオクで探しますが、タイミングによっては出てないときもあリますよね。

もう古いクルマなので仕方ないですが。

 

ちなみに、E87のドアミラー116iだろうが120iだろうが130iだろうが変わらないようなので、動作チェック済みということだけ気にして選びます。

色も何でもいいですよ。

今ついているカバーを外して付け替えればいいのです。

 

シルバーのドアミラーを6000円で落札

中古部品は本当にピンキリで、ウン万円に設定している人もいれば、

「そんな値段でいいの?」

っていう場合もあります。

 

今回はそこそこ安価(6000円)で落札できました。

動作チェックもしてあるし、シルバーだけどまぁ良いでしょう!!

 

ドアミラー取り外し

まず、ミラーを外します。

後でも良いんですが、固定されている方がやりやすいので最初に外します。

 

E39のときはミラーの下に脱着のレバーがあったんですが、E87はハマっているだけ。

外側から内装剥がしなどを使用して「パカッ」と取ります。

こじる

外すと裏にヒーターの線がつながっているので、それも外しましょう。

で、ミラーが外れたらドアミラーのカバーを外します。

カバーは4つの爪でハマっているので、マイナスドライバーなどで隙間をつくったら、なにかシムのようなものを爪に挟んで外します。

写真取り忘れた…

 

次はドアの内装剥がし。

ドアミラーは3つのボルトで固定されています。

1つは簡単にアクセスできますが、もう2つはツィーターの裏側にあるので内装を外したほうが良いです。

浮かせるだけでできるのかは不明。

 

内装を取り外すには

ドアの持ち手のカバーを外します。

クリップで止まっているので平行に引っ張るだけなんですが、大体どこかの爪が折れます…

悲しい。

プラが脆いよ

カバーが外れたら

  • レバーのところのネジ(+)×1
  • 持ち手のところのネジ(トルクス)×2

を外します。

ドアも3つのネジ

 

ネジが取れたら、外周の内装クリップ(プラスチックのやつ)も外します。

内装外しで角からバキバキやれば外れます。

 

最後は窓の下側(内装の上部)でハマっています。

内装の内側には長方形の穴が空いていて、このクリップがその穴に入ってとまっているのです。

ここもどっちかから引き剥がすようにすれば外れます。

変にこじると四角い穴が破れてしまうので気をつけましょう。

伝わるか?

ちなみに、ドアロックはロックしておけば抜けやすいので、

「折れないかな?」

と心配しなくていいです。

結構長い

内装を剥がせば勝手に外れます。

 

ドア上部のウェザートリップを外せば1つ目のネジ(トルクス)

 

後はもうツィーターをカバーごと浮かせればネジが2つ見えます。

コレもトルクス

 

少し遠目で見るとこんな感じ。

 

ここまで来れば、もう入れ替えるだけですね。

 

外したジャンク品のミラーは「メルカリ」で出品したところ、1,700円で売れました。(利益)

6,000円で購入したので、差し引き4,300円でドアミラーが直りました。 

ということで、修理完了となります。

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です