TJラングラーのミッションオイルにGL-5はダメらしい

 

以前、車両を購入したときにミッションオイルを交換しましたが、4,000kmほど走行して再び交換しました。

前回の交換↓

前回入れたギアオイルのグレードはGL-5

海外のサイトでは、このTJのミッションにGL-5を入れてはいけないという情報が多く、早めに交換しようとは思っていました。

オイルのグレードが原因か分かりませんが、始動直後の1~2速が若干入りにくいという症状があったので気にはなっていたんですよね。

 

GL-5が適さない理由というのは、ミッションのシンクロに真鍮が使われているため、オイルに含有されている「極圧剤」が悪さをするらしい…

ギアオイルについて調べてみると、GL-3からGL-6まで極圧剤が加えられています。

GL-5はダメだけど、GL-4ならいいのか??

出来ればリン系・硫黄系化合物の少ないGL-3が良さそうですが、四駆のミッションには結構な負荷がかかるはずなので、対極圧性・摩耗防止性も高い方が良さそうですが。

 

ギアオイルについてはモリブデンBP株式会社の技術コラムが参考になりました。↓

デファレンシャルギヤとミッションギヤの形状

 

そして今回のオイル交換で使用するギアオイルはGL-4 75W-85

近くにこれしか売ってなかった

GL-5とGL-4で何か変わるのか疑心暗鬼でしたが、実際に変えてみるとシフトの入り具合は問題なく改善されました。

粘度の違いも影響がありそうですが、こんなにフィーリングが変わるとは驚きでした。

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP