エアロバイクはダイエットに有効か考察する

 

自転車はダイエットの方法としてよく話題に上がりますが、本当に有効なのか?

走るよりも関節への負担が少なく、趣味としても楽しめるので何となくは理解できます。

 

しかし、ダイエットのためだけに自転車に乗るというのはなかなかハードルが高いですよね。

多くの人は日中働いていますので、帰宅後の暗い道をサイクリングするというのは現実的ではないはず。

 

そこで「エアロバイク」の出番です。

  

エアロバイクはダイエットに効果があるのか?

エアロバイクは少し場所を取りますが下記のようなメリットがたくさんあります。

 

  • 自転車と同じような効果を得られる
  • 安全で天候にも左右されない
  • テレビを見ながらでも運動できる

 

良いことばかりのようですが、本当に効果があるのか考えてみましょう。

 

エアロバイクで使用する筋肉

まずはエアロバイクで使用する筋肉について考えてみます。

 

自転車を漕ぐ運動で使用する主な筋肉は

  • ふくらはぎ(腓腹筋)
  • ふともも(大腿四頭筋)
  • おしり(大殿筋)

このあたりでしょう。

 

有名な話ですが、全身の筋肉量の70%は下半身にあると言われています。

 

ということは、より多くの筋肉を使用するエアロバイクは、より多くのエネルギーを消費するということになります。

ダイエットには腹筋や腕立てよりもスクワットがいいと言われるのはこのためです。

 

エアロバイクの使用時間とダイエットの関係

エアロバイクは【有酸素運動】がメインとなります。

でも、有酸素運動は20分以上継続しないと、脂肪燃焼に効果がない。

というのは誤りです。

 

糖と脂肪は最初から消費されています。

20分を超えたあたりから脂肪が効率的に消費されるということであり、割合の問題なんです。

 

脂肪を燃焼するのに最も適した状態は「ファットバーン」と呼ばれ、心拍数が通常の2倍程度になるくらいの運動です。

実際やってみると分かりますが、意外と低い強度だと感じると思います。

 

ダイエットに効果的なエアロバイク使用方法

せっかくエアロバイクを使って運動していても、どんな運動がどんな結果につながるのか?

知らなきゃもったいないですね。

 

運動には大きく2つの種類があります。

それぞれダイエットにつながる運動ですが、少し違いがあるので見てみましょう。

 

主に脂肪を燃やす有酸素運動

先にも書いたように、エアロバイクでの運動は基本的に【有酸素運動】です。

ランニングやサイクリングのような有酸素運動は、比較的強度の低い運動を長時間継続することを言います。

直接的に脂肪を燃やすので、ダイエットに有効と言われています。

ただし、直接消費されるカロリーや脂肪は時間に比例するため、体感では意外と少ないと感じると思います。

消費したからと言って食べ過ぎてしまうと逆効果。

 

筋力増強に無酸素運動

無酸素運動とは短距離走や重量挙げなど、短時間しか継続できないような全力に近い力を出す運動のことを言います。

エアロバイクでも、短時間しか持たないような負荷でガッツリ漕ぎまくると無酸素運動をすることが出来ます。

 

しかし、これまでは直接脂肪が燃焼しないので、ダイエットには有効ではないと言われていました。

ところが、近年は無酸素運動をすると「成長ホルモン」が分泌され、運動後も「アフターバーン」効果によって脂肪の燃焼が促進されることがわかっています。

 

身体には強いストレスがかかるので苦しいですが、短時間で効果を期待できます。

 

エアロバイクは有酸素、無酸素両方できるので超優秀

家の中で出来る運動として、

エアロバイクは非常に有効である。

ということが分かりました。

 

一日30分でもいいのです。

時間がなければ無酸素運動も取り入れて、短時間で効率的な運動をすることを目指してみてはいかがでしょう。

あとは食事に関する知識を深めると、より効果的です。

 

持っている自転車がエアロバイク替わりに

もう自転車持ってるし…

ダイエットのために自転車を買ったはいいけれど、全然乗れていない人なんかは

ローラー台がおすすめ。

あなたの持っている自転車を、家の中で使用できるようになります。

※ただし、結構音が出るので賛否あります。

 

ローラー台には色々種類があるので、自分の自転車に合ったものを使用してください。

最近ではゲームと連動するものもあるので、ゲーム感覚で続けられるかもしれません。

 

エアロバイク
created by Rinker

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です