ラングラーTJ オーディオ交換のすゝめ【スピーカー編】

 

デッキをカロッツェリアに交換したのでスピーカーも交換しましょう。

TJラングラーのスピーカーはフロントに2つとリア(というかロールバー?)のところに2つ付いていますね。

まずはフロントを。

 

フロントスピーカー交換

純正は楕円のスピーカーが付いていました。

狭いスペースにねじ込まれたような感じになっていますね。

運転席側
助手席側

楕円のスピーカーか…

音は波紋のように広がるので、スピーカーの形も丸の方が良いはず。

バッフルを工夫すれば丸いスピーカーを付けることも出来るようですが難易度が高そうです。

なので同じような楕円のスピーカーに交換することにしました。

 

外すのは簡単なので割愛。

スピーカー線もカットします。

 

キッカーのCSC464(4*6インチ)に交換

サイズ的に10×16cmしか入りそうにないので、かなり種類は限定されます。

ラングラーTJのスピーカー交換で検索するとほぼキッカー(KICKER)一択です。

 

バッフルボード付きのポン付け可能なものが売っていますが、スピーカーのみより1万円以上高い。

バッフルボードに1万は払えないのでいつもの用に自作します。

 

スピーカーはこれ。

CSC464です。

艶を抑えた黒とセンターの黄色の配色がカッコよい。

見た目はいいけどカバーで隠れてしまうのが残念ですが。

 

バッフルボード(インナーバッフル)自作

バッフルボードは100均のMDF材(中質繊維板)を切り抜いて作ります。

100均でこんなものまで買えるとはマジで助かりますよ。

MDFは木のチップを樹脂で固めたものなので、通常の木材より加工がしやすいです。

工具は糸ノコを使いますが、普通の木板を円形状にくり抜くのは結構難儀な作業ですが、MDFだとサクサク切れます。

それでいてある程度の強度もあるので自作には最適。

スピーカーをボードの前側につけるとカバーに干渉しそうだったので、裏側につけることにしました。

 

黒に染めようとしたけど失敗してちょっとだけ黒くなりました。

サクッと完成しました。

後は付けるだけです。

 

設置完了。

と思ったら幅がちょっと広くてカバーを付けることが出来ません。

枠をカットしたらギリギリになってしまいましたが、特に問題ないのでこれで完了とします。

 

スピーカー交換の感想

交換直後に聞いてみると純正に比べて明らかにクリアに聴こえるようになりました。

ただし、走行中に音量を上げて聞くとそこまで変化しているかな?という感じなんですよね。

   

もしかすると、耳に近いオーバーヘッドスピーカーを交換したほうが効果があるのかもしれません。

オーバーヘッドの方はプラスチックのエンクロージャーが付いているので、取り付けも工夫しなければならない可能性があります。

交換方法を調べてからどうするか考えよう。

CSC464 KICKER スピーカー
created by Rinker

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP