スーパーカブの純正マフラーを改造して排気効率UPを目指す【JA44】Φ6×4穴加工

 

カブの純正エアクリをやめて「ターボフィルター」に交換したので、排気もちょいと加工することにしました。

 

社外マフラー検討中という事もあり、ダメもとで加工します。

失敗しても純正マフラーはヤフオクでも買えるだろうし。

 

カブ110の純正マフラーに穴加工

現行の110ccの純正マフラーはエキパイもマフラーエンドも径が超小さいですよね。

環境に対応するためだと思いますが、エキパイはカブ90より細いです。

もしかしたら50よりも細いかもしれません。

 

まず最初に下図参照してください。

JA44の純正マフラーには見た感じエキパイに触媒が付いていることが分かりますが、実はマフラー内部にもう一つ触媒が存在します。

環境性能の向上と引き換えに排気の抵抗は確実に増えていますね。

 

その下はマフラーの内部構造です。

この遠回りな構造は消音に効果的なので純正でよく採用されています。

※マフラー構造は他サイトを参考にしましたが、昔バラしたマフラーも同じような構造だったのでほぼ合っているはず。

 

本来であれば真っすぐ排気したいところですが、構造上穴あけができるのはマフラーエンドです。

どの程度の効果が得られるかはわかりませんが、とりあえずやってみましょう。

 

Φ6mmのドリルが家にあったので、コイツで穴を開けます。

穴あきの様子
とりあえず

とりあえず4つ開けました。

出口の面積はノーマル比で約1.5倍になりました。

 

排気音はノーマルより低音が大きくなりましたが、そこまで気になるような音量ではないです。

ノーマル時の排気音と穴あけ後の排気音の動画を撮ったので参考に。

※風の音が入ってしまったのでうるさい。

比較動画

 

しばらくこのマフラーで乗ってみてから「エアクリの換装」と合わせてレビューします。

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です