スーパーカブにリアボックスを取り付ける方法【JA44】カスタムセブンの場合

 

初めてのリアボックスにカスタムセブンを購入しましたが、取り付け方を書いていなかったので、私の取り付け方を載せておきます。

 

カスタムセブンをスーパーカブに取り付ける方法

リアボックスはカブの純正キャリアに取り付けるわけですが、カスタムセブンにはブラケットとボルト、蝶ナットが付属しています。

簡単に外せるように付属の蝶ナットで取り付けたいところですが、カブのリアキャリアは下の隙間が狭いので付属品だけではうまく取り付けできません。

そこで、ホムセンの金属ブラケットを買ってきて、それに合うようにボックスに穴をあけていきます。

 

用意するものは以下の材料です。

  • 金属ブラケット
  • 金ノコの刃
  • ドリル
  • ゴム板

 

金属ブラケット

まず必要な金属ブラケットですが、フェンダーを避けるためになるべく幅の広いもので、なおかつキャリアの幅に合ったものが必要です。

ホームセンターにピッタリのがありました。

金属ブラケット
ドーン

長穴の片側がΦ8なので付属のボルトが使えます。

板厚も3mmなので強度的にも大丈夫でしょう。

(薄いと“しなる”のでまともに固定できないです)

 

ただ、このブラケットは長穴一個分ジャマになるので切り落とします。

金ノコの刃
こいつで

金属を切れる道具を持っている人はいいですが、持ってない人は金ノコの刃だけ買えば十分使えます。

あ、でも100均に売ってるか。

 

Φ8のドリル

カスタムセブンには初めからいくつかの穴が開いていますが、私の取り付け方法に合いそうな穴がないので自分で開けます。

付属のボルトがM8なので、Φ8のドリルで開けます。

 

蝶ナットで取り付けようとすると必然的に外側になります。

※写真は上が前方、下が後方。

ボックス内のネジ
中の様子

後方はちょうどリブに掛かるところに穴を開けたのでリブも削りました。

カッターでも切り取れるが彫刻刀があると簡単。

 

前方はホムセンのブラケットを使用したのでこのようになります。

無事に蝶ナットで取り付けできました。

 

後方は付属のブラケットが使えます。

後方の付け方
場所は好みで

ボルトで挟んでいるとはいえプラスチックと金属なので滑りやすいです。

横方向はボルトがあるから大丈夫ですが、前後方向は何らかの対策が必要。

という事で適当なゴム板を貼り付けて完了です。

 

キャリアを外して裏からボルトで止めれば今回のような加工は不要かもしれません。

めんどくさいですが。

 

ドリルはプラスチックに穴を開けるだけなのでどんなものでも大丈夫でしょう。

電動ドリル
created by Rinker

 

Follow me!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です